乳滴/2017年5月10日号

生乳生産が増えない根本は

2017-05-10 乳滴

前年度以上の生乳生産量を確保してもらいたいと生産者組織だけでなく、乳業者の危機感も大きくなっている。全国の乳業者に3年間で15億円の資金協力を依頼し、本紙詳報の通り、酪農乳業産業基盤強化の特別対策を実施する。


酪農家戸数・頭数の減少を他の規模拡大農家で補ってきたのが、これまでの推移だ。だが、家族経営では大規模といわれている100頭以上層が今、規模拡大を継続し続ける状況になっていないとの分析がある。結果的にメガ・ギガファームの更なる拡大という方向が続いている。畜産クラスター事業の効果が今後どのように出てくるか期待されているが、今年度の生産は1月時点のJミルクの予測では全国平均で1.2%減である。


高齢化や後継者不足により、酪農家戸数が過去20年間平均で北海道で毎年2.2%、都府県で3.3%減少し続けていることが背景にある。加えて黒毛和種の交配率の高まりや乳牛個体価格の高騰もある。根本には「搾乳牛1頭当たりの所得が1円減ると搾乳牛総飼養頭数が2頭減る明確な関係がみられる」(鈴木宣弘東大教授)と酪農家が所得を十分確保できない状況が過去から続いてきたことがある。


この傾向、流れを変えるには酪農乳業一体の大きなエネルギーがいる。

アクティブパルス紹介
ピュアライン株式会社

連絡先・MAP

一般社団法人 全国酪農協会
所在地 〒151-0053
東京都渋谷区代々木1丁目36-4
全理連ビル3階
電話番号 代表(総務部):03-3370-5341
(業務部):03-3370-5488
(指導部):03-3370-7213
FAX番号 03-3370-3892
アクセス JR・都営大江戸線ともに
「代々木駅」から徒歩1分
全国酪農業協同組合連合会 日本ホルスタイン登録協会 ミュージアムカフェ 相互印刷株式会社 西桜印刷株式会社 酪農ヘルパー全国協会 GEAオリオンファームテクノロジーズ株式会社 株式会社ピュアライン 株式会社セイワ あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 ウシのきもち、ヒトのきもち 牛群検定クイックチェック

Copyright © 2016 The Dairy Farmers Association Of Japan. All right reserved.