乳滴/2018年5月1日号

子供のやせ願望を危惧

2018-05-01 乳滴

電車の中でランドセルを背負った小学生(女の子)が隣の友だちに「私も断食したいな」と話しているのが聞こえた。心底驚いた。アイドルグループのブームでスタイルなどを気にする年齢が下がっているのをまざまざと感じた。成長期に入る子どもが、極端なやせ願望(低栄養)に影響されるなら、この子たちの将来の身体作りは、どうなってしまうのだろうか。子どもたちの骨折は、ここ30年で2倍以上に増加しているという。


Jミルクの「乳の学術連合」の運営委員会委員長の折茂肇氏が17年度の酪農乳業みらいセミナーで説明したことだ。


①牛乳の摂取頻度が増えると骨密度は高くなる②小学校時に運動部で活動していた中学生の骨密度は高い③標準体重を維持する④朝食を食べ、ダイエットしない⑤よく睡眠をとる――等々。いずれも普通と思われることばかりだが、実際には当たり前になっていないのが課題なのだ。


関連して折茂氏は、近年、低出生体重児(2500㌘未満)の出産が増加傾向にあり、虚血性心疾患、Ⅱ型糖尿病、本態性高血圧等、背負う疾患リスクが高まることを説いる。妊娠前から、牛乳乳製品などの多様な食品を組み合わせてバランス良く栄養を摂取し、適正体重を維持することが重要と指摘している。

アクティブパルス紹介
ピュアライン株式会社

連絡先・MAP

一般社団法人 全国酪農協会
所在地 〒151-0053
東京都渋谷区代々木1丁目36-4
全理連ビル3階
電話番号 代表(総務部):03-3370-5341
(業務部):03-3370-5488
(指導部):03-3370-7213
FAX番号 03-3370-3892
アクセス JR・都営大江戸線ともに
「代々木駅」から徒歩1分
全国酪農業協同組合連合会日本ホルスタイン登録協会 特集-消費税の軽減税率制度 | 政府広報オンライン 消費税の軽減税率制度について|消費税|国税庁 軽減税率対策補助金 ミュージアムカフェ 相互印刷株式会社 西桜印刷株式会社 酪農ヘルパー全国協会 GEAオリオンファームテクノロジーズ株式会社 株式会社ピュアライン 株式会社セイワ あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 ウシのきもち、ヒトのきもち 牛群検定クイックチェック

Copyright © 2016 The Dairy Farmers Association Of Japan. All right reserved.