乳滴/2018年10月10日号

緊急の実態調査が必要

2018-10-10 乳滴

2018年度上期がこれほど災害が相次ぐとは誰が予想しえただろうか。大規模な被害をもたらした7月の西日本豪雨と9月6日未明の北海道胆振東部地震。西日本豪雨では未だ復旧途上の乳業者がある。北海道では地震の直接被害に加え、道内全域の停電や断水等により2万㌧を超える生乳の損失(廃棄)が起きた。


台風による酪農乳業への被害発生は、上期の主なものですでに7回を数える(第5号から24号までの間)。かつてない広範囲、集中的な気象災害・天災が酪農経営や生産基盤に打撃を与えている。


年度当初の4月、本欄で今年度は都府県酪農対策が最大の課題ではないかと強調した。戸数、頭数、生産量の減少に歯止めがかからず、北海道に比べて相対的に、より厳しいからだ。その現状は今も変わりはない。しかし、順調に見えた北海道酪農に暗雲が広がり出した。自給飼料の柱となる一番牧草やトウモロコシの不作が明らかになったところに今回の大地震である。北海道酪農の今後にどのような影響を与えるのか。


先に中央酪農会議が公表した2017年度酪農全国基礎調査だが、可能であるならば、今一度緊急の調査が必要ではないか。今回調査では、北海道の回収率が約5割と低かったこともある。実態把握が何より重要だ。

アクティブパルス紹介
ピュアライン株式会社

連絡先・MAP

一般社団法人 全国酪農協会
所在地 〒151-0053
東京都渋谷区代々木1丁目36-4
全理連ビル3階
電話番号 代表(総務部):03-3370-5341
(業務部):03-3370-5488
(指導部):03-3370-7213
FAX番号 03-3370-3892
アクセス JR・都営大江戸線ともに
「代々木駅」から徒歩1分
日本ホルスタイン登録協会 特集-消費税の軽減税率制度 | 政府広報オンライン 消費税の軽減税率制度について|消費税|国税庁 軽減税率対策補助金 相互印刷株式会社 西桜印刷株式会社 酪農ヘルパー全国協会 GEAオリオンファームテクノロジーズ株式会社 株式会社ピュアライン 株式会社セイワ あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 ウシのきもち、ヒトのきもち 牛群検定クイックチェック

Copyright © 2016 The Dairy Farmers Association Of Japan. All right reserved.