乳滴/2018年10月20日号

牛乳安定供給への課題

2018-10-20 乳滴

9月下旬まで相次いだ台風の影響も加わり、北海道胆振東部地震から1カ月以上経過したものの、一部では今も牛乳販売への影響が続いている。本会女子職員6名に自宅近所のスーパー(16日まで)を調べてもらったが、1名を除き、牛乳売り場に販売制限やお詫びが貼ってあった。従前、最大のスペースをとっていた売れ筋の牛乳(低価格帯)の数量が品薄になっている。


4年前のバター不足の際には、スーパーの棚から家庭用バターがなくなり大きく報道された。今回は災害でもあり、また、牛乳類の全てが欠品したわけではないこと、保存がきかない牛乳は買占めなどの仮需が起こりにくいことから、バターの時ほど社会問題化していない。


しかし、酪農乳業界には、非常に深刻な課題をいくつも投げかけている。


北海道や九州等の主産地から生乳を広域輸送すれば、安定供給できるとの想定が万全ではないことが明らかになった。


そもそも人口が多く、消費地である首都圏や近畿圏への生乳の移出に対して、運転手不足や天候リスクなどが表面化。フェリーやトラック輸送などの物理的な面での課題が指摘されつつあった。安定供給を考える上からは、北海道と都府県の酪農が共に持続的に発展することが必要である。

アクティブパルス紹介
ピュアライン株式会社

連絡先・MAP

一般社団法人 全国酪農協会
所在地 〒151-0053
東京都渋谷区代々木1丁目36-4
全理連ビル3階
電話番号 代表(総務部):03-3370-5341
(業務部):03-3370-5488
(指導部):03-3370-7213
FAX番号 03-3370-3892
アクセス JR・都営大江戸線ともに
「代々木駅」から徒歩1分
日本ホルスタイン登録協会 特集-消費税の軽減税率制度 | 政府広報オンライン 消費税の軽減税率制度について|消費税|国税庁 軽減税率対策補助金 相互印刷株式会社 西桜印刷株式会社 酪農ヘルパー全国協会 GEAオリオンファームテクノロジーズ株式会社 株式会社ピュアライン 株式会社セイワ あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 ウシのきもち、ヒトのきもち 牛群検定クイックチェック

Copyright © 2016 The Dairy Farmers Association Of Japan. All right reserved.