乳滴/2018年11月20日号

嵐(トランプ)の前に

2018-11-20 乳滴

「米国内の経済的利益を最優先に考える」を政権運営の方針に掲げ、実行してきた米トランプ大統領。現在、角を突き合わせている「米中貿易戦争」を見るまでもなく、結果を求める強引さと従わなかった場合の対抗措置(罰)は苛烈だ。


今回の中間選挙は、日本でも、かつてない注目は集まった。結果は上院が引き続き与党が多数派を維持したが、下院は民主党が8年ぶりに多数派を奪回。政府は、少なくとも今後2年間は、ねじれ状態の議会運営を強いられることになった。


トランプ大統領が今後の日本との貿易交渉において、より一層強硬な結果を求めてくると予想されるのが一般的な見方。混迷が深まった。


来年はTAG(日米物品貿易協定)交渉が控えている。今のところ、同交渉の交渉開始時期は「年明けに米国側の国内手続きが終わったら、双方で時期等について相談する」(政府)というのが日本政府の公式見解だ。しかし、東大大学院の鈴木宣弘教授が本紙で2回にわたり解説しているように、TPP水準を譲らないという政府方針に不安はつきない。


本年12月30日にTPP11が発効。日EUEPAは来年2月発効を目指している。TAGでは日本の農業・酪農の未来のために何としても譲れないものは死守してほしい。

酪農会館建設の経過
全国酪農協会

連絡先・MAP

一般社団法人 全国酪農協会
所在地 〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-37-2
酪農会館5階
電話番号 代表(総務部):03-3370-5341
(業務部):03-3370-5488
(指導部・全酪新報編集部)
     :03-3370-7213
FAX番号 03-3370-3892
アクセス JR・都営大江戸線ともに
「代々木駅」から徒歩1分
日本ホルスタイン登録協会 特集-消費税の軽減税率制度 | 政府広報オンライン 消費税の軽減税率制度について|消費税|国税庁 軽減税率対策補助金 相互印刷株式会社 西桜印刷株式会社 酪農ヘルパー全国協会 GEAオリオンファームテクノロジーズ株式会社 株式会社ピュアライン 株式会社セイワ あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 ウシのきもち、ヒトのきもち 牛群検定クイックチェック

このサイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
Copyright © The Dairy Farmers Association Of Japan. All right reserved.