乳滴/2019年3月10日号

移民も支える米国農業

2019-03-10 乳滴

選挙公約の柱に不法移民対策の強化を掲げたトランプ米大統領。2月15日には、議会承認を得ずにメキシコとの国境に壁を建設する費用を確保するため非常事態を宣言するという強硬策を発表した。このやり方に反発し差し止めるために提訴する州が16州にも及んでいる。


移民を巡るこうした動きが実は米国の農業、中でも大規模農業を支える労働力に影響を及ぼしている。従来から米国の大規模農業はメキシコ系を中心にしたヒスパニックの労働者に支えられているのは知られている。「ヒスパニックの労働力が少なくなり、例えば果樹園の収穫人が確保できない。より大規模な農場に農場ごとリースせざるを得なくなっている。安価に働く労働者がいないと成り立たないのが米国の大規模農業である」。米国に支部事務所を置く、ある日本の農業団体であった報告だ。


中小規模から大型、超大型のメガ・ギガ酪農へと、大きいことは効率が良いとの政策の流れがあるが、実は利点と共にリスクも様々ある。労働力の確保もその一つ。SNS等のコミュニケーション手段の発達に伴い、日本でも労働条件の良い所に雇用労働者が流れてしまうリスクが常にある。


世界有数の農業大国の米国で何がリスクになるかも注視していきたい。

酪農会館建設の経過
全国酪農協会

連絡先・MAP

一般社団法人 全国酪農協会
所在地 〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-37-2
酪農会館5階
電話番号 代表(総務部):03-3370-5341
(業務部):03-3370-5488
(指導部・全酪新報編集部)
     :03-3370-7213
FAX番号 03-3370-3892
アクセス JR・都営大江戸線ともに
「代々木駅」から徒歩1分
日本ホルスタイン登録協会 特集-消費税の軽減税率制度 | 政府広報オンライン 消費税の軽減税率制度について|消費税|国税庁 軽減税率対策補助金 相互印刷株式会社 西桜印刷株式会社 酪農ヘルパー全国協会 GEAオリオンファームテクノロジーズ株式会社 株式会社ピュアライン 株式会社セイワ あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 ウシのきもち、ヒトのきもち 牛群検定クイックチェック

Copyright © 2016 The Dairy Farmers Association Of Japan. All right reserved.