乳滴/2019年10月20日号

被災者に再びお見舞

2019-10-20 乳滴

台風15号に続き12~13日に再び猛烈な台風19号が直撃した。被災された方々は、心が受け止めきれないほどのショックを感じているだろう。立ち止まる訳にはいかず、目の前の仕事(復旧)に奮闘せざるを得ない、つらい現実がある。被災者、関係者の皆様には心からお見舞いを申し上げます。


やむなく生乳の廃棄や乳牛の溺死も出ている。牛舎等の浸水や損壊、田畑の冠水、組合業務への影響等、15号台風に続き再び酪農乳業に大きな被害が出ている。


気象庁は上陸3日前から、台風19号の脅威に対して繰り返し警戒を呼び掛けていた。1958年9月に1200名以上が犠牲となった「狩野川台風」を例に出したほどだ。しかし、自然の猛威はすさまじいものがあった。降水量は、神奈川県箱根町で1000㍉に達したほか、わずか1~2日で年間降水量の3~4割にあたる雨が各地で降る異常な豪雨だった。57河川(16日時点)の堤防が決壊。住宅や農地が一面泥の海と化した。


13都県と異例の広域に発表された「大雨特別警報」。「数十年(50年)に一度の大雨になる恐れがあり、命を守る行動を取りなさい」と繰り返された。気象庁によると台風の統計では、平年値で25.6個が発生し、11.6個が接近、2.7個が上陸する。

連絡先・MAP

一般社団法人 全国酪農協会
所在地 〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-37-2
酪農会館5階
電話番号 代表(総務部):03-3370-5341
(業務部・共済制度)
     :03-3370-5488
(指導部・全酪新報編集部)
     :03-3370-7213
FAX番号 03-3370-3892
アクセス JR・都営大江戸線ともに
「代々木駅」から徒歩1分
酪農ヘルパー全国協会 日本ホルスタイン登録協会 GEAオリオンファームテクノロジーズ株式会社 株式会社ピュアライン 株式会社セイワ あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 相互印刷株式会社 西桜印刷株式会社 ウシのきもち、ヒトのきもち 牛群検定クイックチェック 警察庁防犯教室

購読お申込み


このサイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
Copyright © The Dairy Farmers Association Of Japan. All right reserved.