乳滴/2021年3月1日号

業務用減少の影響

2021-03-01 乳滴

生乳生産への影響を避けながら、いかにして過剰となった乳製品在庫を減らしていくかが、喫緊の課題になっている。


Jミルクの予測(1月29日)では、21年度の期末在庫は脱脂粉乳が7.3カ月分、バターは5.6カ月分。脱粉は農水省の飼料用や輸入調製品との置き換え対策分2万4千㌧が含まれたもの。バターには今後の対策分はまだ含まれていない数字だ。いずれにしても通常、業界の適正在庫はバター2.5カ月、脱粉5万㌧程度とみられ、在庫適正化に向けた取り組みは欠かせない。


農畜産業振興機構による18年度の統計では、脱粉の業種別消費量は、業務用63.5%、乳業(社内消費)35.6%、家庭用(小売業)は0.9%。業務用の構成比では乳業の(アイスクリーム)と(はっ酵乳・乳酸菌飲料)がそれぞれ約3割を占め、菓子と飲料がそれぞれ約7%を占める。


また、バターは業務用68.5%、乳業(社内消費)9%。家庭用(小売業)22.5%。業務用の構成比では、菓子47%と半数近くを占め最も多い。外食・ホテル業とパンがそれぞれ約15%だ。


こうしてみると、新型コロナによる影響では、牛乳は学乳停止が乳製品増につながり、乳製品は特に業務用消費の減少長期化の影響が大きい。現在も継続中だ。

連絡先・MAP

一般社団法人 全国酪農協会
所在地 〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-37-2
酪農会館5階
電話番号 代表(総務部):03-3370-5341
(業務部・共済制度)
     :03-3370-5488
(指導部・全酪新報編集部)
     :03-3370-7213
FAX番号 03-3370-3892
アクセス JR・都営大江戸線ともに
「代々木駅」から徒歩1分
酪農ヘルパー全国協会 日本ホルスタイン登録協会 GEAオリオンファームテクノロジーズ株式会社 株式会社ピュアライン 株式会社セイワ あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 相互印刷株式会社 西桜印刷株式会社 ウシのきもち、ヒトのきもち 牛群検定クイックチェック 警察庁防犯教室

購読お申込み


このサイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
Copyright © The Dairy Farmers Association Of Japan. All right reserved.