乳滴/2021年3月20日号

されど「バターナイフ」

2021-03-20 乳滴

バターをたっぷり塗ったパンが好きだ。家庭用バターの消費は堅調で、Jミルクの需給短信(3月4日)によると、2019年度からは10%以上伸びて推移している。バターに関し、冷蔵庫から出した時に、塗りやすかったら消費が伸びるのではと気になっていた。


そこでバターナイフをいくつか用意し、本会職員の協力を得て試してみた。事前に一番効果がありそうだと思ったのが、加温式バターナイフ(約2500円)。しかし、少し大きめなことや準備に手間を要するため、業務用向きで家庭では使いにくい。千円程度の小型サイズがほしいものだ。


熱伝導率の高い素材を使用、傾斜角度をつけたナイフ上部にギザギザが入ったもの(1320円)はどうか。スプーンでもバターは削れるが、パンには塗りにくい。その点、バターを薄く塗りやすかったと比較的好評だった。「500円~1000円以内」を希望。100円ショップで購入したステックのりタイプの容器は、やはり準備が少しおっくう。結局、トーストでパンを焼く際にバターを乗せれば問題ないとのもっともな意見もあった。


「調味料の穴を大きくしたら販売量が伸びた」という話は都市伝説的なもので、メーカーによると本当ではないらしい。「たかが」ではなく「されどバターナイフ」だ。

連絡先・MAP

一般社団法人 全国酪農協会
所在地 〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-37-2
酪農会館5階
電話番号 代表(総務部):03-3370-5341
(業務部・共済制度)
     :03-3370-5488
(指導部・全酪新報編集部)
     :03-3370-7213
FAX番号 03-3370-3892
アクセス JR・都営大江戸線ともに
「代々木駅」から徒歩1分
酪農ヘルパー全国協会 日本ホルスタイン登録協会 GEAオリオンファームテクノロジーズ株式会社 株式会社ピュアライン 株式会社セイワ あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 相互印刷株式会社 西桜印刷株式会社 ウシのきもち、ヒトのきもち 牛群検定クイックチェック 警察庁防犯教室

購読お申込み


このサイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
Copyright © The Dairy Farmers Association Of Japan. All right reserved.