乳滴/2021年12月10日号

移ろいゆく家族の姿

2021-12-10 乳滴

酪農家の暮らしについて、様々な意見はあろうが、近隣も含めて家族と一緒に生活できることの価値を挙げたい。特に年齢を重ねるにつれ、筆者にはその想いは強まる気がする。


11月30日に公表された2020年国勢調査によると、わが国の世帯数は年々増加。会社の独身寮などの施設等に住む世帯12万5千を除く一般世帯は、5570万5千で1世帯当たり人員は2.21人となった。


注目してほしいのは、その内訳。世帯人員1人世帯が2115万1千、38%と最も多く、2人世帯が1565万7千、28.1%と続く。3人以上の世帯はいずれも減少中だ。特に5人以上(5、6、7人以上の計)の世帯は303万8千で5.5%しかなく、いずれも二桁以上の減少を示している。


酪農家が一緒に暮らす家族数と比較してほしい。しかも、高齢単身者(65歳以上の単独世帯)は、増加し続けており、671万7千人もいる。


わが国の少子高齢化の現状は、総人口に占める65歳以上の割合は28.6%。諸外国(米、中、欧州、韓国等9カ国中)と比べると15歳未満人口は世界で最も低く、65歳以上人口の割合は最も高い水準だ。


農業で生計を立てている酪農家が地域に果たす役割はこれらの点からも貴重である。

連絡先・MAP

一般社団法人 全国酪農協会
所在地 〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-37-2
酪農会館5階
電話番号 代表(総務部):03-3370-5341
(業務部・共済制度)
     :03-3370-5488
(指導部・全酪新報編集部)
     :03-3370-7213
FAX番号 03-3370-3892
アクセス JR・都営大江戸線ともに
「代々木駅」から徒歩1分
全酪アカデミー 酪農ヘルパー全国協会 日本ホルスタイン登録協会 GEAオリオンファームテクノロジーズ株式会社 株式会社ピュアライン 株式会社セイワ あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 相互印刷株式会社 西桜印刷株式会社 警察庁防犯教室

購読お申込み


このサイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
Copyright © The Dairy Farmers Association Of Japan. All right reserved.