乳滴/2022年3月1日号

ロシア軍侵攻に失望

2022-03-01 乳滴

ウクライナ情勢から目が離せない。すでに多くの市民が犠牲になっている。


緊迫を伝える報道が日々続く中で、酪農家にも大きな影響がある。穀物と原油相場の動向であり、いずれも海外頼みの島国日本の弱点だ。


ウクライナは穀倉地帯で知られ、小麦やトウモロコシの世界有数の輸出国である。早速、シカゴ相場でトウモロコシが1㌴7㌦台にのせるなど反応、早晩、飼料価格にも影響するだろう。今後相場の行方には胃が痛くなる思いだ。


燃料も、もともと倹約に努めているつもりだが、給油所の価格表示を確かめるたびガッカリ。年始から160円台後半が続いている。今後の一層の値上がりが心配なので満タンにはするが。電気代も去年と比べると単価が高い。かなり節電したにも関わらず支払いが大幅に増えている。


わずかでも無駄を省き、効率的にできないかを考え、そして手許残りを少しでも増やすことで豊かな生活をと日々頑張っているのに、一指導者の誤りにより世界の穀物・原油価格が値上りしてしまい遠くはなれた国の酪農家の経営努力が踏みにじられる。侵略者はただちに武力侵攻が誤りであることを認め、矛を収めるべきだ。1日も早くかの地に平和が戻ることを祈る。

連絡先・MAP

一般社団法人 全国酪農協会
所在地 〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-37-2
酪農会館5階
電話番号 代表(総務部):03-3370-5341
(業務部・共済制度)
     :03-3370-5488
(指導部・全酪新報編集部)
     :03-3370-7213
FAX番号 03-3370-3892
アクセス JR・都営大江戸線ともに
「代々木駅」から徒歩1分
全酪アカデミー 酪農ヘルパー全国協会 日本ホルスタイン登録協会 GEAオリオンファームテクノロジーズ株式会社 株式会社ピュアライン 株式会社セイワ あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 相互印刷株式会社 西桜印刷株式会社 警察庁防犯教室

購読お申込み


このサイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
Copyright © The Dairy Farmers Association Of Japan. All right reserved.