乳滴/2019年9月10日号

現状課題の総ざらいを

2019-09-10 乳滴

農水省が5年毎に改定している酪肉近の議論で、乳業者側から10年後の生乳生産の目標数量として現行目標の750万㌧を800万㌧に引き上げるべきとの提案がなされ、議論になった。行政の基本政策とも密接に関係するだけに注目度は高い。


2010年酪肉近では、20年度の目標は800万㌧。15年の酪肉近では、当時の生産水準を考慮し25年度目標は750万㌧に引き下げられた。


今回、西尾啓治臨時委員(日本乳業協会会長、雪印メグミルク社長)が10年後の目標を800万㌧に引き上げることを提案した。「過去20年間に減少してきた140万㌧の半分を10年で増産したい」と発言。増えた乳量はチーズ等の国産設備を活用すれば十分対応できるとの考え方だ。


18年度の生乳生産は約728万㌧であり、10年後とはいえ、大幅な生産増産が必要となる。


これまで現状の生乳生産数量が酪肉近の生産目標を下回った際に、農水省からは「(生産目標は)様々な課題が解決された場合の数量」などと説明を聞いた。過去の需給緩和時には、輸入乳製品を国産で置き換えすると踏み込んだ時もあったが、これを機会に行政、生産者、乳業者に流通関係者などまで巻き込み、現状と将来の課題の総ざらいを行うべきではないか。

酪農会館建設の経過
全国酪農協会

連絡先・MAP

一般社団法人 全国酪農協会
所在地 〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-37-2
酪農会館5階
電話番号 代表(総務部):03-3370-5341
(業務部):03-3370-5488
(指導部・全酪新報編集部)
     :03-3370-7213
FAX番号 03-3370-3892
アクセス JR・都営大江戸線ともに
「代々木駅」から徒歩1分
日本ホルスタイン登録協会 特集-消費税の軽減税率制度 | 政府広報オンライン 消費税の軽減税率制度について|消費税|国税庁 軽減税率対策補助金 相互印刷株式会社 西桜印刷株式会社 酪農ヘルパー全国協会 GEAオリオンファームテクノロジーズ株式会社 株式会社ピュアライン 株式会社セイワ あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 ウシのきもち、ヒトのきもち 牛群検定クイックチェック

Copyright © 2016 The Dairy Farmers Association Of Japan. All right reserved.