乳滴/2020年3月20日号

バターで〝打ち勝て〟

2020-03-20 乳滴

バターは免疫力を高めて脳を活性化させる。脂肪を燃焼、やせる効果のある成分が含まれている。この3つの「すごい健康効果がある」と明快に説明してくれたのは、佐藤薫日本獣医生命科学大学准教授。バターを長年研究してきた専門家だ。1日10㌘程度食べるのが適量とのこと。


3月10日にテレビ朝日で放映された「林修の今でしょ!」で紹介された。人気番組で影響力もある。最近の重苦しい気分を思いっきり吹っ飛ばしてくれた。


体の免疫力が低下したときに病気に罹りやすい。バターに含まれるビタミンAがウイルスや細菌等と戦う免疫力を高める。ビタミンAはバターに加工することで牛乳の13倍に高まる。また、バターの中鎖脂肪酸には、認知機能の低下を抑制する働きもあるという。


特に知ってもらいたいのはバターを食べると太るのではなく、脂肪の燃焼を助ける働きがある共役リノール酸が含まれていることだ。適量を食べるならば、むしろ脂肪燃焼が期待できる成分が含まれている。カロリーが高いと思われがちだが、このことを若い女性などにPRしよう。


番組中ではハチミツの効果と共に取り上げられたが、北海道の長寿の皆さんがほうれん草のバター炒めやじゃがバターをおいしそうに食べていた。

酪農会館建設の経過
全国酪農協会

連絡先・MAP

一般社団法人 全国酪農協会
所在地 〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-37-2
酪農会館5階
電話番号 代表(総務部):03-3370-5341
(業務部・共済制度)
     :03-3370-5488
(指導部・全酪新報編集部)
     :03-3370-7213
FAX番号 03-3370-3892
アクセス JR・都営大江戸線ともに
「代々木駅」から徒歩1分
酪農ヘルパー全国協会 第15回 全日本ホルスタイン共進会 九州・沖縄ブロック大会 日本ホルスタイン登録協会 GEAオリオンファームテクノロジーズ株式会社 株式会社ピュアライン 株式会社セイワ あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 相互印刷株式会社 西桜印刷株式会社 ウシのきもち、ヒトのきもち 牛群検定クイックチェック 警察庁防犯教室

このサイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
Copyright © The Dairy Farmers Association Of Japan. All right reserved.