乳滴/2017年11月10日号

国産品の価値を意識

2017-11-10 乳滴

中国、東南アジア等への製造業の移転が進み、衣・食・住の各分野とも、海外製造製品が生活に欠かせないものになってしまった。安い労働力や生産拠点を求めて企業は中国、ベトナム、ミャンマー等々へと工場を移してきた。


その結果、国内製品となれば付加価値が付く時代になった。食べ物についても国産品には信頼感がある。農水省が農林水産情報交流ネットワーク事業の消費者モニターを対象に、実施した「国産農林水産物・食品に関する意識調査・意向調査」(887人回答)結果が10月に公表された。


それによると、「国産」であることを「とても重視する」(36.9%、)と「重視する」(30.6%)の2つ合わせて67.5%が明確に国産の優位性を認めている。これに「やや重視する」(24.4%)を加えると91.9%と9割以上の圧倒的な支持を得ている。


また、「農林水産物・食品・飲料等を購入する際に重視すること」や「食生活に気を遣っているいること」(複数回答)でも「国産であること」は5割~6割が理由に挙げられている。


農水省の2016年度食料需給表では、牛乳・乳製品の自給率(重量ベース)は62%で前年並み。ただし、年々低下傾向が続き1995年の72%から10ポイントも低下している。

アクティブパルス紹介
ピュアライン株式会社

連絡先・MAP

一般社団法人 全国酪農協会
所在地 〒151-0053
東京都渋谷区代々木1丁目36-4
全理連ビル3階
電話番号 代表(総務部):03-3370-5341
(業務部):03-3370-5488
(指導部):03-3370-7213
FAX番号 03-3370-3892
アクセス JR・都営大江戸線ともに
「代々木駅」から徒歩1分
全国酪農業協同組合連合会 日本ホルスタイン登録協会 ミュージアムカフェ 相互印刷株式会社 西桜印刷株式会社 酪農ヘルパー全国協会 GEAオリオンファームテクノロジーズ株式会社 株式会社ピュアライン 株式会社セイワ あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 ウシのきもち、ヒトのきもち 牛群検定クイックチェック

Copyright © 2016 The Dairy Farmers Association Of Japan. All right reserved.