乳滴/2022年6月20日号

県単助成を広げよう

2022-06-20 乳滴

「生産者乳価の期中値上げを待てないほどの厳しい状況だ」――。その間は、国や市町村、生産者・乳業者団体、酪農協・JAが酪農家を少しでも支えなければ、乗り切れない困難さだ。


昨年度、愛知県では、県単独事業として配合飼料高騰に対し、第3四半期(1㌧当たり4400円)、第4四半期(同7900円)の支援金が同県に農場を有している畜産農家に支払われた。各県で、このような県単独事業が広がらないかとジリジリしていたところ、今年度、鳥取県や山形県、岐阜県、千葉県、長野県等でも畜産農家の経営安定対策が実施されることになった。


鳥取県は畜産農家を対象に「畜産経営緊急支援事業」(予算額約4億円)を実施する。酪農家の場合は、21年度の粗飼料も含めた飼料価格を基準に掛かり増し経費の3分の1を助成する。山形県は、21年度の配合飼料の平均価格と22年4月の配合飼料単価の差額(上昇分)の2分の1を第1四半期の配合利用量に応じて支援する。市町村でも経産牛1頭当たりで助成する町もあるという。


岐阜県もオール畜産での知事要請が実った結果とのこと。いずれも災害クラスの価格高騰との認識から要請活動した結果だ。今後も各地で県市町村・議会に要請活動を展開してほしい。

連絡先・MAP

一般社団法人 全国酪農協会
所在地 〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-37-2
酪農会館5階
電話番号 代表(総務部):03-3370-5341
(業務部・共済制度)
     :03-3370-5488
(指導部・全酪新報編集部)
     :03-3370-7213
FAX番号 03-3370-3892
アクセス JR・都営大江戸線ともに
「代々木駅」から徒歩1分
全酪アカデミー 酪農ヘルパー全国協会 日本ホルスタイン登録協会 GEAオリオンファームテクノロジーズ株式会社 株式会社ピュアライン 株式会社セイワ あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 相互印刷株式会社 西桜印刷株式会社 警察庁防犯教室

購読お申込み


このサイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
Copyright © The Dairy Farmers Association Of Japan. All right reserved.