乳滴/2022年7月10日号

できることは何でも

2022-07-10 乳滴

酪農経営は非常事態だ。6月の中酪のアンケート調査で、現在の経営環境では6割近くが経営を続けられないとした。さらに7月以降の配合飼料価格(乳配)が過去最大の1万1200円上昇。「配合飼料は1㌧約10万円、輸入乾牧草(米国産アルファルファ)も同様だ。とてつもない価格上昇となった」と肩を落とし語った酪農家。


新型コロナ禍で大打撃を受けている酪農乳業界に、ウクライナへの軍事侵攻が追い打ちをかけ、対応次第では、日本酪農の基礎が崩れる状況に直面している。


過去に例のない生産コスト急上昇。従来の政策・対策では対応しきれないことは明らか。県単独事業に加えて市町村にも対策を要請したい。酪農乳業団体もしかりだ。とにかく、できることは何でも何度でも切れ目なく総結集させて、しかも一番肝心なことは「スピード」だ。時間が経過するほど、事態は悪化する。


乳価交渉では乳業者、量販店等の販売や消費者に実態を訴え、従来の価格改定までの3カ月ルールを今回に限り何とか短縮できないか。最需要期の9月からの値上げを粘り強く交渉してほしい。消費が減少するなど値上げ実施の影響は、腹をくくって対策するしかない。大災害と同じであり、政府・国会挙げた緊急対策が不可欠だ。

連絡先・MAP

一般社団法人 全国酪農協会
所在地 〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-37-2
酪農会館5階
電話番号 代表(総務部):03-3370-5341
(業務部・共済制度)
     :03-3370-5488
(指導部・全酪新報編集部)
     :03-3370-7213
FAX番号 03-3370-3892
アクセス JR・都営大江戸線ともに
「代々木駅」から徒歩1分
全酪アカデミー 酪農ヘルパー全国協会 日本ホルスタイン登録協会 GEAオリオンファームテクノロジーズ株式会社 株式会社ピュアライン 株式会社セイワ あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 相互印刷株式会社 西桜印刷株式会社 警察庁防犯教室

購読お申込み


このサイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
Copyright © The Dairy Farmers Association Of Japan. All right reserved.