乳滴/2022年8月10日号

水害対策 迅速に

2022-08-10 乳滴

最高気温が体温を超える極端な猛暑が続き、気力・体力の限界を感じ始めていた。何より田畑のためにひと雨ほしいと思っていたちょうどその頃、8月3日~4日にかけて東北、北陸に降った雨は過酷だった。テレビで緊急速報が伝えられ、そのたびに当該地域の雨雲レーダーをスマホで確認すると、豪雨を示す真っ赤な帯が同じ地域にとどまっている。落雷も同じような所に繰り返し発生していることを示していた。線状降水帯だ。国土交通省によれば5日朝までに44河川が氾濫。家屋・農地の浸水、土砂崩れ、道路や橋梁、線路が寸断され、人命も失われた。


関東地域で目にする報道は、ややもすれば外交問題やコロナ関連が多いが、被災当事者にとっては、惨状からの一刻も早い回復が最優先事項になる。復旧には気の遠くなるような手間とカネと時間がかかる。そのための国・自治体の手厚い支援が欠かせない。


本紙バックナンバーを紐解くと、毎年日本のどこかで台風・豪雨(雪)災害が発生している。地球温暖化の影響という説があるが、これは一朝一夕での解決は難しい。一方で、目の前の問題に対処する力、万一災害が起こってしまった際の対応は重要だ。「私たちの国、政府は、本当に頼りになる」と思える水害対策を期待している。

連絡先・MAP

一般社団法人 全国酪農協会
所在地 〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-37-2
酪農会館5階
電話番号 代表(総務部):03-3370-5341
(業務部・共済制度)
     :03-3370-5488
(指導部・全酪新報編集部)
     :03-3370-7213
FAX番号 03-3370-3892
アクセス JR・都営大江戸線ともに
「代々木駅」から徒歩1分
全酪アカデミー 酪農ヘルパー全国協会 日本ホルスタイン登録協会 GEAオリオンファームテクノロジーズ株式会社 株式会社ピュアライン 株式会社セイワ あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 相互印刷株式会社 西桜印刷株式会社 警察庁防犯教室

購読お申込み


このサイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
Copyright © The Dairy Farmers Association Of Japan. All right reserved.