乳滴/2020年6月1日号

新しい生活様式とは

2020-06-01 乳滴

新型コロナウイルス緊急事態宣言の解除は明るい知らせだが、業界では乳製品在庫増のほか、再び感染拡大が起きた場合の需給対応も課題として残る。


今まさに冬に入った南半球ブラジルの報道をみると、半年後に冬を迎える北半球がまたパンデミックにならないかという心配。一方で治療薬、ワクチンの開発が進められており、これからは季節性インフルエンザのように、警戒しながらも新型コロナ、新型インフルエンザ等とともに生きていくことになるのだろう。


そして政府が「新しい生活様式」を求めている。厚労省によれば、手洗い、咳エチケット、毎日検温、3密回避などだが、これらは今や実生活に組み込まれた感があるので、今後も続けられそうではある。しかし「食事中は料理に集中、おしゃべりは控えめに」とか「多人数での会食は避けて」そして「会議はオンラインで」「買い物は計画を立てて素早く」等々、今まで当たり前のようにやってきたことを、見直すように求めている。


緊急宣言解除後、東京の通勤電車は徐々に混み始めている。日本社会が注意深く活動を再開し始めたようだ。全国的にみれば感染者数は以前よりは少ない。このまま収束を迎えることができるよう、警戒を緩めないことが肝要だ。

連絡先・MAP

一般社団法人 全国酪農協会
所在地 〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-37-2
酪農会館5階
電話番号 代表(総務部):03-3370-5341
(業務部・共済制度)
     :03-3370-5488
(指導部・全酪新報編集部)
     :03-3370-7213
FAX番号 03-3370-3892
アクセス JR・都営大江戸線ともに
「代々木駅」から徒歩1分
酪農ヘルパー全国協会 日本ホルスタイン登録協会 GEAオリオンファームテクノロジーズ株式会社 株式会社ピュアライン 株式会社セイワ あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 相互印刷株式会社 西桜印刷株式会社 ウシのきもち、ヒトのきもち 牛群検定クイックチェック 警察庁防犯教室

購読お申込み


このサイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
Copyright © The Dairy Farmers Association Of Japan. All right reserved.