乳滴/2016年4月1日号

自信持とう牛乳が一番

2016-04-01 乳滴

TPPの大筋合意を受けて生活者(消費者)は食品の購入(農林水産分野)について、どのように受け止めているのか。総合マーケティング支援を行う㈱ネオマーケティング社のインターネット調査結果が興味深い。今年の1月に全国の15~69歳の男女1200名を対象に実施した。その中から勇気づけられる部分を紹介したい。


まず、「TPPの大筋合意内容(農林水産分野)を知って以降、食品に対する意識変化は」には、約3割が「変化があった」と回答。主なものでは▽自分の国の食品を守りたい(17歳女性)▽原産地をよく確認するようになった(18歳男性)▽国産の価値を再認識(51歳女性)▽国産への信頼が強まる(60歳女性)――などがある。


特記したいのは、「国産を買いたいと思う食材」の第1位が牛乳であることだ。第2位は穀類、第3位は鶏卵――の順。しかも牛乳が国産100%であることを「とても意義がある」「意義があることだ」を合計すると8割以上となった。


その理由としては「安心だから」81.6%、「安全だから」79.5%が「おいしいから」47.3%を大幅に上回り、この2項目が断トツ。生活者の約半数が「食の安心・安全」を不安視している中での結果であり、重く受け止めたい。

アクティブパルス紹介
ピュアライン株式会社

連絡先・MAP

一般社団法人 全国酪農協会
所在地 〒151-0053
東京都渋谷区代々木1丁目36-4
全理連ビル3階
電話番号 代表(総務部):03-3370-5341
(業務部):03-3370-5488
(指導部):03-3370-7213
FAX番号 03-3370-3892
アクセス JR・都営大江戸線ともに
「代々木駅」から徒歩1分
全国酪農業協同組合連合会 日本ホルスタイン登録協会 ミュージアムカフェ 相互印刷株式会社 西桜印刷株式会社 酪農ヘルパー全国協会 GEAオリオンファームテクノロジーズ株式会社 株式会社ピュアライン 株式会社セイワ あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 ウシのきもち、ヒトのきもち 牛群検定クイックチェック

Copyright © 2016 The Dairy Farmers Association Of Japan. All right reserved.