乳滴/2017年7月20日号

「所得」があってこそ

2017-07-20 乳滴

最低限の酪農家の所得目標として「生乳1㌔当たり30円」の継続的・安定的な実現を目指す。JAグループ北海道が18年度政策提案に盛り込んだものだ。都府県酪農にとっても非常に重要な課題である。所得目標は都府県ではどの水準が妥当かなど、議論が必要であろう。


繰り返しになるが、本会は、飼料高騰による平成の酪農危機を契機に09年3月以降、3回にわたり政策提言してきた。柱の一つが酪農家の所得を支える新たな経営安定対策(最低所得補償制度=セーフティネット)の導入を目玉にした。


この時点で想定していた、制度で支える最低水準のレベルは、11年度の統計を基に都府県平均の家族労働人数2・4人、搾乳牛37頭、労働時間約4千時間、家族労働費総額約600万円。この所得水準を下回らないようにというものであった。時給にすれば約1500円だが、09年の白書には酪農における時給換算として、04年の時給1500円が08年には766円まで半減してしまった実例が示された。


加工原料乳への補給金による下支えがある北海道で明確に所得目標を打ち出した中で、生乳生産減少の起因となっている都府県酪農がいかにあるべきか。稼げる酪農が後継者を呼ぶことができる最大の力になろう。

アクティブパルス紹介
ピュアライン株式会社

連絡先・MAP

一般社団法人 全国酪農協会
所在地 〒151-0053
東京都渋谷区代々木1丁目36-4
全理連ビル3階
電話番号 代表(総務部):03-3370-5341
(業務部):03-3370-5488
(指導部):03-3370-7213
FAX番号 03-3370-3892
アクセス JR・都営大江戸線ともに
「代々木駅」から徒歩1分
全国酪農業協同組合連合会 日本ホルスタイン登録協会 ミュージアムカフェ 相互印刷株式会社 西桜印刷株式会社 酪農ヘルパー全国協会 GEAオリオンファームテクノロジーズ株式会社 株式会社ピュアライン 株式会社セイワ あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 ウシのきもち、ヒトのきもち 牛群検定クイックチェック

Copyright © 2016 The Dairy Farmers Association Of Japan. All right reserved.