乳滴/2020年8月10日号

例年より難しい夏需給

2020-08-10 乳滴

7月豪雨からの復旧もままならない中、猛暑がやってきた。今年は新型コロナの影響で、多くの小中学校が夏休みを短縮。例年に比べ学校給食用牛乳が増え、迫る最需要期の需給ひっ迫に拍車がかかる。


関係者は事前に協議。学乳供給を最優先にしつつ、北海道からの6万㌧を超す最大量の生乳移出と道内産牛乳の増加が頼みの綱だ。取引先に対しては、特売の自粛、加工乳等の代替品等の供給などの協力を呼び掛け、牛乳の品薄を混乱なく何とか乗り切ろうとしている。


暑さに弱い乳牛は夏場に生産量が減る。消費は逆に暑くなると増える。


需給調整の悩みだが、今年は特に深刻だ。


農水省の牛乳乳製品統計によると、19年度の生乳生産量は736万㌧。北海道が約56%の409万㌧、都府県が44%の327万㌧。月平均では、全国61万㌧、うち都府県27万㌧となる。


月別で生産量が最も多い月は3月(全国65万㌧、都府県29・6万㌧)。最も少ない月の9月(同58・4万㌧、同25・2万㌧)との差は、6・6万㌧(都府県4・4万㌧)。消費では、例えば牛乳等向け処理量(月平均33万㌧)では、最も多い10月(35万6千㌧)と最も少ない3月(31万㌧)との差は4万6千㌧にのぼる。北海道からの移出頼みも限界に近づいている。

連絡先・MAP

一般社団法人 全国酪農協会
所在地 〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-37-2
酪農会館5階
電話番号 代表(総務部):03-3370-5341
(業務部・共済制度)
     :03-3370-5488
(指導部・全酪新報編集部)
     :03-3370-7213
FAX番号 03-3370-3892
アクセス JR・都営大江戸線ともに
「代々木駅」から徒歩1分
酪農ヘルパー全国協会 日本ホルスタイン登録協会 GEAオリオンファームテクノロジーズ株式会社 株式会社ピュアライン 株式会社セイワ あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 相互印刷株式会社 西桜印刷株式会社 ウシのきもち、ヒトのきもち 牛群検定クイックチェック 警察庁防犯教室

購読お申込み


このサイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
Copyright © The Dairy Farmers Association Of Japan. All right reserved.