乳滴/2020年11月1日号

台風、上陸なしも

2020-11-01 乳滴

昨年の大型台風による酪農乳業界への甚大な被害は忘れられない。今年はどうなるかと台風動向を注視してきた。近年、海面水温が高くなり、日本近海に接近してから勢力を増す傾向にある。特に特別警報級に発達した9月の台風10号では、肝を冷やした。事前の防災準備や進路などが幸いし、九州等で牛舎等の被害など出たが、想定よりは下回った。


今年は、7月の九州豪雨で球磨川が氾濫し多くの被災者が出た。台風の数は現在、20号が発生したが、沖縄へ影響の可能性がある。


気象庁(統計)によると、過去30年間の台風発生の平均値は約26個、上陸は2.7個。今年の台風上陸数は予想に反し現在までゼロ。上陸なしとなれば12年ぶりだ。平年並みならば、10月以降の台風上陸数は0.2個。今年は何とか大きな台風被害は免れそうに思える。


昨年を振り返ると、台風15号(9月9日)、19号(10月12~13日)の上陸、その後、21号が接近。記録的な暴風と豪雨により千葉県など東日本では、酪農乳業界は長期の停電による生乳廃棄、水害による牛舎・乳牛被害など大変な思いをした。


台風をはじめ近年の気象災害の多発をみると、毎年その年の気候が平穏でありますように、という昔から変わらぬ思いに至ってしまう。

連絡先・MAP

一般社団法人 全国酪農協会
所在地 〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-37-2
酪農会館5階
電話番号 代表(総務部):03-3370-5341
(業務部・共済制度)
     :03-3370-5488
(指導部・全酪新報編集部)
     :03-3370-7213
FAX番号 03-3370-3892
アクセス JR・都営大江戸線ともに
「代々木駅」から徒歩1分
酪農ヘルパー全国協会 日本ホルスタイン登録協会 GEAオリオンファームテクノロジーズ株式会社 株式会社ピュアライン 株式会社セイワ あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 相互印刷株式会社 西桜印刷株式会社 ウシのきもち、ヒトのきもち 牛群検定クイックチェック 警察庁防犯教室

購読お申込み


このサイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
Copyright © The Dairy Farmers Association Of Japan. All right reserved.